少女戦機ソウルイーター

少女戦機ソウルイーター

©少女戦機ソウルイーター | ルネソフト

少女戦機ソウルイーターは復讐に燃える変身ヒロインと、化物たちの犯罪組織「キマイラ」の戦いを描くアドベンチャーゲームです。

設定重めの変身ヒロイン凌辱物

犯罪組織キマイラから新兵器を奪って脱走した主人公「藤原竜介」は、逃げ延びた先でキマイラに家族を奪われた少女「円城命」と出会う。ついには、キマイラの幹部に追いつめられた竜介は、復讐心を露にする少女を信じ、自らの命を代償に新兵器「ルインアームズ」を託すのだった。

――といったあらすじの本作は、主人公は男性、戦うのはヒロインといった形式の作品です。しかし、主人公が武装して戦う場面も多く「ヒロインに任せっぱなし」とならない点は好感が持てました。復讐に燃えるヒロインの必死の演技は、重めの設定によく合っており、悲壮な末路を淫らに彩ってくれます。

Hシーンは変身したまま

ゲームは「選択肢→即BAD」の作りで、誤った選択肢を選ぶとバッドエンドに直行する場合がほとんどです。
また、選択肢は適度に正解がわかりづらく、それでいて推測する余地が残る程度にヒントもある「選択を楽しめる選択肢」になっているのは個人的には嬉しいポイントでした。

Hシーンは快楽系に寄った描写がメイン。苦痛しか感じない状況でも媚薬や薬物、死に至りそうな行為も「変身装置の助けで生かされる」などで上手く調整されています。
趣向は、癒着型の兵器であるという設定から変身状態が基本。竿役は獣人、触手など、異種姦が多い印象ですが、ふたなり・レズ凌辱要素もあり。

あとがき

本作は2006年にリリースされた作品で、GUIや画面解像度など、前時代的な印象はどうしても拭えません。しかし、最近あまり見かけない設定重めの変身ヒロイン凌辱物、二転三転するストーリー展開も面白く、十二分に楽しむことができました。

当時はフルプライスで販売されていた作品ですが、後に廉価版となり、現在では主要なセールで頻繁に半額となっています。趣向に合致するようなら、お安い時を狙って購入してみるのも良いかもしれません。

4 COMMENTS

KWT(管理人)

割とストーリーを読ませてくれる、面白いテキストだったのが印象的でした

そうですね。お話の展開も良い感じに予想を裏切ってくれて、良かったですね。

匿名

割とストーリーを読ませてくれる、面白いテキストだったのが印象的でした

KWT(管理人)

懐かしい作品ですね~
アニメ化もしてた覚えがありますよ

10年以上前の作品ですからねー
たしか、ヒロイン別にOVAが出ていたので、そちらで知ってる人も多いかもですね

 

懐かしい作品ですね~
アニメ化もしてた覚えがありますよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。